トリガーベルの正しい取り付け方

以下の方法で取り付けてください。:

  • 左側のハンドルバーのグリップ部分に取り付けてください。金属バーの部分ではありません(トリガーシフターの場合を除く)
  • ベルを前方、やや下向きにします(ブレーキレバーより下に取り付ける)
  • トリガー部分が下にあるのでハンドルを握りながらでもベルを鳴らせます。
  • トリガーベルは走行中に邪魔にならないデザインです。
  • ストラップをきつく締めすぎないでください。ずれたり回ったりしなければ十分です。 トリガーベルのストラップ部分には内側に凹凸が付いていますので、きつく締めなくともベルは固定されます。あまりきつく締めすぎますと凹凸部分が壊れることもあるのでご注意ください。
  • ご質問等はこちらのメールアドレスにお願い致します。hello@triggerbell.com

特異例取り付け方法

トリガーベルを取り付けるには

1. 緩める

左側のハンドルバーグリップに取り付けられるようにストラップを緩めます。

  • トリガーベルのストラップ部分を左側のバンドルバーのグリップ部分(金属バー部分ではありません)に取り付けられるよう丁寧に緩めます。
  • ストラップ部分を完全に外さなければならない場合(ロードバイク等のハンドルバー上部に取り付ける場合等)には固定部品等を紛失しないようにご注意ください。
  • オプショナル:余分なストラップをカットする場合:ストラップ部分が長すぎる場合にはベルを取り付ける前に余分な部分をカットすることができますが、その場合はストラップを切りすぎないように、またカットしたストラップの断面でケガをしないようにご注意ください。